金曜夕方・土日のみ営業 お問合せ下さい

慢性的腰痛・坐骨神経痛などを根本から解決する独自メソッドで整体院いらずの体をめざしましょう。ボキボキしない体にやさしい施術でお体を良い状態へ。各県から口コミ評判でご来院される整体院です。

靴があなたの体を悪くしている ~正しい靴の選び方~

体にダメージを与えない靴を履くだけで腰痛が良くなる!?

なかなか良くならない、頭痛、肩こり、腰痛、ひざの痛み、それは靴のせいで起こっているかもしれません。

靴が悪いのにもかかわらず、マッサージ、整体、整骨院、病院、など、どこに行っても症状が一向に改善しない方が、とっっっってもたくさんいらっしゃいます。

まず、何かしらの症状がある方は、靴の影響があるかどうか、足指を見てください。そうすればわかります。

詳細はこちらの記事をご覧いただいて確認してください。

 

 

実際、当院に腰痛でご来院のクライアント様が、靴を変更しただけで腰の痛みが良くなった、という例があります。

靴から受けるダメージを減らさない限り、なんの治療をしても良くなることはないのです。

 

どんな靴が体を悪くしているか?

体にダメージを与える靴というのは、簡単にいうと、

  • 足の指を固くする靴
  • 足の指がきちんと使えない靴

です。

この2つは同時におこります。

 

具体的に言いましょう。

①パンプスを例にとります。

ヒールの靴が体に悪いのはなんとなくお分かりの方が多いのですが、

実はヒールが高かろうが低かろうがあろうが関係ありません。

 

問題は、 指が窮屈になり圧迫され動かせないこと  にあります。

 

指が動かせないと、連動して、ふくらはぎの筋肉・すねの筋肉、太もも、お尻、腰、背中、肩、首、という流れで筋肉が動かせなくなってしまいます。うまく動かせない状態で日々過ごしていると、立っていようが座っていようが、筋肉が緊張してきます。

これがコリの原因です。

すねや、ふくらはぎの外側の筋肉が一番わかりやすいですよね?足の指が窮屈になった瞬間筋肉が張ってきますね。

つまり、靴のせいで頭痛が起こったり、座骨神経痛になったりすることだってあるということなんです。

「私は靴が窮屈じゃなくて、ゆったりめで柔らかいものを履いているから大丈夫だよね」

と思ったら大間違いです。

そのゆったり靴が悪いんです!!

②足の指がきちんと使えない靴

足の指がきちんと使えない靴が悪い理由は、余計な力を入れて動かなくてはいけなくなるからです。

具体的にどういう靴かというと、先ほど書いた窮屈な靴。

そしてもう1つは、ブカブカの靴です。

ブカブカの靴は、

サイズがそもそも合っていない

紐を結べない靴、もしくは結ばない

 

これらは 歩き方=足の運び が正しく行われません。

指の 浮かせ歩き が特徴的です。

 

足の指を使うことなくこの状態で歩いてしまうので、余計な力を使い、疲労がどんどんたまり、全身の筋肉がガチガチに固まってきます。

サイズが合ってても、足首のあたりで紐を結び、足の指を使えないと、ブカブカの靴と同じ事です。

JUNICHI

 

分かりやすく比較してみよう!

これで砂浜を歩いたとき、どっちが疲れますか?

 OR           

 

これで走ったときどっちが疲れますか?

OR      

 

これで立ちっぱなしでいたときどっちが腰が痛くなりますか?

OR    

 

これでお買い物行ったとき、どちらがむくみますか?

OR  

 

どちらが楽にスポーツできますか?

OR   

 

 

靴のせいで足の指がきちんと使えない疲労が少しずつたまり、腰痛などが発生します。

 

体を痛めない靴の選びかたのポイント

これらに注意しましょう!

①かかとがぺたんこにならない硬くてしっかりしたもの

②ねじってもぐにゃぐにゃにならないしっかりしたもの

 

③サイズは最大でも1センチくらいの捨て寸

 

④指が圧迫されるような幅がきつくないもの、靴の中で足が遊ぶようなブカブカでないもの

 

このような靴を履いている方も要注意!

革靴はソールが固すぎるものが多く、先端が長く伸びているものがあります。

営業などやられている方に腰痛が多い原因のひとつに、革靴により足指が固くなっている事があげられます。

また、安全靴のせいで足の指がガチガチになってヒザや腰を悪くしてる人をたくさんみかけます。

安全靴の選び方も大切ですので、靴の選び方のポイントを見て対策しましょう。

パンプスをお仕事で履く方、好きな方は、なるべく足を痛めないパンプスの選び方をお伝えします。

 

当院でできること

 

当院では、整体の施術と靴のアドバイスもしており、トータル的にあなたをサポートしています。

皆さま、「この靴見てもらえませんか?」

という感じでご自身の靴をもってご来院されます。

靴が悪いだけで体を悪くしている方は必ずチェックすべきでしょう。

また、足の指の状態を見て、靴が悪いのか、体が悪いのか、ご説明しています。

足指のストレッチ指導などを行っており、正しい足の指の使い方をアドバイスしています。

これをすることであなたの体は劇的に生まれ変わります。

足なんてそんなに影響するの?と思っていませんか?

当院でどれくらい影響があるかを実感しに来てください。

なかなか良くならない、頭痛、肩こり、腰痛、ひざの痛み、それは靴のせいで起こっているかもしれません。