金曜夕方・土日のみ営業 お問合せ下さい

慢性的腰痛・坐骨神経痛などを根本から解決する独自メソッドで整体院いらずの体をめざしましょう。ボキボキしない体にやさしい施術でお体を良い状態へ。各県から口コミ評判でご来院される整体院です。

飯塚市で腰痛にお悩みの方へ。シップは冷たいの?温かいの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
筋膜×関節調整セラピスト。整体師。回復力、循環力UPを目指します。 くいしばりの警告、顎関節の重要性を発信。 「わかりやすい説明とシンプルなセルフケア」をモットーに、お体を根本解決する施術をご提供します。

「先生、シップは暖かいのと冷たいのどちら貼ればいいんですか?」

あられ

これは、良く聞かれる質問です。答えとしては、

 

前触れなく急に起こった痛みであれば

【冷たい】の。

慢性的に痛みを抱えていて、今日は少し痛いかなーという場合であれば

【温かい】の。ですね。

 

急性期は血流を促してしまうと、痛みが増すからです。

例えばねん挫した後など、よく氷で冷やしているシーンを見かけると思います。

冷やすことで血流を抑え、さらに鎮痛成分の作用で痛みを抑えるんですね。

そのあとに、冷シップに切り替えます。

 

一方、温シップのほうは慢性化した痛みに有効です。

これはさきほどとは逆で、血流を促すことで血流不足で痛みが出ている状態を良くするものです。

もちろん鎮痛成分も含まれています。

慢性化している方は、基本的に血流不足、酸欠状態になっていますので、温めたり動いたりしたほうがいいのです。

 

ポイントですが、痛みがとれるまでシップをしないということです。

当院にもシップをした状態でご来院される方がいらっしゃいますが、だいたい3日くらいでやめていただきます。

結果的に、急性期だろうが慢性期だろうが、最終的に血流を促していい状態の体にすることで痛みを取りたいんです。

ですので、早めに動いたほうがトータル的には良くなるのが早くなります。

 

シップは鎮痛剤です。

薬だけで抑えられた痛みは、いつかまた同じ痛みを繰り返します。

なぜなら、必ず筋肉が硬直したまま体に残り、また疲労が蓄積したときにより激しい痛みとなって現れるんです。

MAXでひどくなったら病院に行くと思いますが、またシップと薬しか渡されませんよ。

ですので、きちんと体を良い状態に戻すことが大切です。

でも体がいい状態になったかどうかなんてわかりませんよね?痛みが治まればそれでいいと思うのが普通だと思います。

ですので、痛みが強い時や、これ以上ひどくなると本当に仕事に影響しそうだと感じたときは、元の体に戻すまで治療を受けてください。

当院でも、これくらいで元の体に戻りますよ、という指標をお伝えしています。

それは施術回数であったり、こういう動作ができるようになったら良い、といった目安を必ずお伝えして、予防方法まできちんとお伝えしています。

我慢せずお気軽にご相談ください。

 

まとめ▼ ・痛みが全て取りきれなくても動き出したほうがいい
・最終的に血流をどんどん促進させよう
・きちんと体をいい状態にしないと痛みを繰り返して慢性化するぞ

 

慢性化した腰痛、ひどくなってきている腰痛を本気で良くしたい方は

 

ひとまずご相談だけという方でも、お気軽にどうぞ!

ブログを見たという方は、毎月3様限定

施術料初回 6000円→2980円 です!!

お電話 080-3901-9668
(施術中は基本留守番電話になっていますので お名前・電話番号・お問い合わせ内容をお入れ下さい。折り返しかけなおします。)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
筋膜×関節調整セラピスト。整体師。回復力、循環力UPを目指します。 くいしばりの警告、顎関節の重要性を発信。 「わかりやすい説明とシンプルなセルフケア」をモットーに、お体を根本解決する施術をご提供します。