10:00~20:00 木・祝休み  

肩こり・腰痛はそこを揉んでも良くなりません。原因は別にあります。「病院で異常無し」でも痛くてお困りではないですか?ボキボキしない体にやさしい施術で「痛みの出にくい体」を目指します。嘉麻市、直方、筑豊地区、福岡市内からも口コミ評判でご来院されます。

ひじの痛み

部活動生にも多い肘の痛み。

整形外科など病院へ行って画像診断を受けていることが多いと思います。

使いすぎによる腱の炎症と言われたり、骨が少し出ているから、など言われることは多いでしょう。

そこで、湿布、サポーター、超音波治療、マッサージ、ストレッチ、痛み止め、などで対策している方は多いんではないでしょうか。
腱の炎症が原因は本当か?

患者様を見ていると、もちろん使いすぎがそもそもの原因と思いますが、ケア不足の方が非常に多いと思います。要は使いっぱなし。

腱の炎症であれば休んで湿布をしていれば良くなると思いますが、なかなか消えない方もいますよね。

私は、肘周辺の筋肉の強い緊張と、腕を動かすときに連動して動く筋肉が過剰に緊張していることが原因と考えています。

その部分というのは、肘付近もそうですが、肘以外の部分にもあります。

肩コリはありませんか?

肩を垂直に押した時、痛い箇所はないでしょうか。

筋肉が硬直して固まっている箇所です。

首の緊張はないでしょうか?首は固くカチカチでは無いですか?

腕を動かすときはその辺りも連動して動かしますので、そういった部分の筋肉の緊張があれば肘に影響します。体はひとつながりです。

そのために、全身の調整が必要になります。

肘が痛いのですが、必ず全体の調整が必要なのです。

体は連動して、関連しあって動いています。

そういうことはやっていますか?

だから痛みが長引いているのではないでしょうか。

当院では、

・筋肉の過剰緊張をとり、全身を調整する
・体の使い方など日頃の注意点を守っていただく

ということをすることによって、肘の痛みを解決していきます。

どこを施術すれば、どこが良くなれば肘の痛みが消えるのか、そういった事を検査していきます。

施術後の症状の経過具合を見ていきながら、検査により、良くするべき場所を特定していきます。

手の指先の疲労から、腕全体の緊張につながってることなど、ご存じないと思います。

指先の疲労は、肘周辺の筋肉を緊張させてしまいます。

とにかく、全体的な部分をみていき、肘にかかる負担を減らしていきます。

しばらく痛みがとれず、いろんな治療を試している方は、ポイントを間違っているかもしれません。

体全体がうまく機能して、調和してこそ、一箇所に負担がかかる事が分散し、その部分だけに疲労が溜まっていくことがなくなり、痛みが消えていくと考えます。

体の緊張度合いが強い方は、すぐには痛みが取れませんが、体の違いを必ず感じていくはずです。

〈まとめ〉
肘の痛みは、どんあ最新治療であっても、部分的なものであれば良くなりにくい場合が多い。

肩、指先、ゆがみ、全身を整え、筋肉の緊張をとらなければ、痛みは続く。

つまり、肘の周辺にかかる負担を減らし、体全体の筋肉の緊張をとれば、肘がうまく動き、痛みが消える可能性が高い。
ご予約・営業時間
『ホームページを見て初めて電話してるんですけど、予約お願いします。』

と言ってお電話下さい。

こんな痛みでもいいの?

といった些細な事でもお問い合わせください。
電話受付 10:00~20:00
木曜・祝日休み

このページの先頭へ