金曜夕方・土日のみ営業 お問合せ下さい

慢性的腰痛・坐骨神経痛などを根本から解決する独自メソッドで整体院いらずの体をめざしましょう。ボキボキしない体にやさしい施術でお体を良い状態へ。各県から口コミ評判でご来院される整体院です。

飯塚市で坐骨神経痛でお悩みなら

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
筋膜×関節調整セラピスト。整体師。回復力、循環力UPを目指します。 くいしばりの警告、顎関節の重要性を発信。 「わかりやすい説明とシンプルなセルフケア」をモットーに、お体を根本解決する施術をご提供します。

座骨神経痛は全てヘルニアのせいとされることへの疑問

腰痛になり、それがひどくなって、ふともも、お尻のあたりが疼いたり、ひどくなると足がつけないくらいになる場合があります。

たいてい病院では座骨神経痛と診断され、保存療法か、手術、になります。ほとんどは保存療法でしょうが、病院によっては即手術になります。

しかし、ヘルニアのせいであればヘルニアを取り去らない限り痛みは治まらないことにはなりますが、手術せずに良くなっている人を何人もみてきました。

椎間板がでているから痛いは本当か?

一般的には、病院へ行き、レントゲン・MRIをとり、椎間板が飛び出ていればそれが原因で痛みやしびれが出ていると判断されます。当然お医者様が診断されるので、それは間違いありません。ところが、世界的に研究が進み、腰痛、座骨神経痛でない人にも椎間板ヘルニア、椎間板の膨隆(でっぱり)がある、ということがわかってきています。あなたの周りにはいらっしゃらないでしょうか。

手術をしたけど痛みが取れない方。
ヘルニアが原因と思われて、取り去ったのに痛い。

手術をして痛みは取れていたがまた同じような痛みが出てきて、病院、整骨院などに行っている。再度検査をしに行くが、異常はないと診断される。これはどういうことでしょうか。

国際腰椎学会のデータで、腰痛のない人の85%にも椎間板に変性がみられるというデータがしっかりでています。

当院でも、ヘルニアと診断されているにもかかわらず痛みが取れてきたり、しびれがとれたり、うずきが取れて夜寝れるようになったなど、そういう方を見てきています。さまざまな情報や、セミナーで勉強してわかってきたことは、今まで当たり前と思われてきたこととは違いました。

・手術をしても痛みがとれない場合がある、最初は痛みが取れてもまた同じ痛みが出る
・腰痛患者ではない方でも、椎間板の突出がある
・年齢により椎間板は出やすくなるが、一番腰痛患者が多い年齢層は、30代~40代である
・坐骨神経痛や、しびれ・うずきがある方でも椎間板が突出していないことがある

これらのデータから、椎間板が飛び出て神経を圧迫しているから、下半身のトラブルがでている、という場合だけではないと思いませんか?

下半身の痛み、しびれ、うずきは、筋肉の緊張による血流不足・炎症

ひとつの考え方として、筋筋膜性疼痛症候群という考えがあります。
簡単に言うと、筋肉の酸素欠乏、血流不足で発痛物質が発生し、それを脳が感じ取り痛みが出る。さらにその痛みは拡散して広範囲に渡っていく。
(ネットで調べてみてください)

私も、腰への継続的な負担による筋肉の過剰緊張、そして炎症により痛みが出ている場合が多いと考えています。ヘルニアで坐骨神経痛、太ももから足にかけての痛みを持つ方は、腰を触ると、筋肉が非常に拘縮して固まった箇所があり、それを押さえると「痛いです」と言われます。人により、痛いという感覚を感じなくなるくらいひどくなっている方もいます。そして、その部分が熱を持ち、炎症を起こしているのです。

炎症が止まらなければ痛みは絶対取れません。

炎症を止めるには、体が炎症を止めてくれるように、整体により回復しやすい状態にして、時間の経過とともに体の治癒力で痛みがおさまるのを待つのです。

炎症が取れていく経過は、ねんざや打撲を想像していただくとわかりやすいですが、受傷後は患部が腫れて熱を持つと思います。
その後、熱感がとれてきて、腫れも引いてきて、最終的に痛みが取れると思います。腰も同様に、熱感が取れてくればむくみやつっぱりがとれてきて痛みが楽になってくるという経過をたどります。座骨神経痛になる方は、腰への過剰なダメージの蓄積により、以前は耐えれていたものが、いよいよ耐え切れず爆発し下半身が痛んだり疼いたりします。痛みが出た時点ではかなり悪い状態なのです。

痛くなる以前は、痛くても自然と痛みが引いたり、腰に不安はあったけど耐えれていたり、寝るときに違和感がしてきたり、前兆がある方のほうが多いです。そして、ずっと同じ姿勢をした後や、いつもより体を動かしすぎた翌朝からすごく痛くなったりします。

ようするに、腰の緊張度合いが限界を超えて炎症が強くなり、症状が出てくるのです。

しかしこのような場合に、腰を揉んでも、電気を当てても、牽引をしても、湿布をはっても、痛み止めを飲んでも、楽にならないと思います。
なぜ、腰を揉んだりしても良くならないか、という理由は明白で、

・それくらいの治療では、今まで蓄積して拘縮した筋肉の緊張は取れない
(といっても痛み場所を強く揉んでも良くなりません)

・腰にダメージを与えている日常生活の原因を改善しないと、治療しても筋肉の緊張は改善されない

・腰に影響のある本当の原因部分の施術しないと腰の緊張はとれない
(例えばからだの歪みが腰に過剰な負担をかけていればゆがみをとらないと良くならない、など原因は複数)

などの理由です。

 

そこで当院では、真の原因と思われる箇所を探して、そこをソフトな手技で施術し、体が回復して行きやすい状態を作ります。

さらに、腰にダメージを与えているであろう日常生活のクセ、悪い習慣を指摘し、そこを改善するためのアドバイスをします。

悪い悪習慣でまず最初に確認するのは食いしばりを初めてする歯の問題です。これらをしないと、腰へのダメージが減っていかないのです。

そして、体のどこの部分が腰が痛む要因になっているのか、日常生活の何が腰にダメージを与えているか、それらを総合的に正していけば、腰に溜まった緊張が少しずつとれてきて、血流が促進し、時間をかけて発痛物質を体が処理すると、痛みが消えてきます。

本当に手術をしないといけないか?本当に薬しかないのか?

手術をする前に、よくお考えください。

まとめ

・椎間板の突出で坐骨神経痛や下半身の痛みしびれが起こっているという説は近年は疑わしいという考えになっている。
・このような患者様は、腰に強い筋肉の拘縮がある。それが炎症を起こしている。
・腰に影響を与えている本当の原因を施術していく。
・日常生活で腰に影響を与えている状況を改善する。その際に食いしばりなどは初めに確認する。
・腰に蓄積した筋肉の拘縮を改善し、血行を良くしていけば痛みは消える可能性がある。

この記事を書いている人 - WRITER -
筋膜×関節調整セラピスト。整体師。回復力、循環力UPを目指します。 くいしばりの警告、顎関節の重要性を発信。 「わかりやすい説明とシンプルなセルフケア」をモットーに、お体を根本解決する施術をご提供します。